忍者ブログ

認知症の母と

認知症の母と生活していました。少しずつ変化していく母との介護を紹介&お知らせしていきたいと思っています。 2013年12月18日より 母はグループホームで生活が始まりました。しかし あまりにも印象が悪く、私の気持ちがザワザワ 落ち着きません。2014年 03月12日 別のグループホームへ移りました。とても、良くしてくれるグループホームでしたが、グループホームでの生活に限界がきてしまい。 2016年10月26日 有料老人ホームへ。 ここは看護師さんがいて 在宅医療もあり 安心です。

2018/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
5月8日(火)に主治医の先生の診断で
皮下からの点滴が1日置きになりました。

足のむくみは ひくことがなく
日によっては、手にもむくみが見られるようになりました。

病院ではないので、1日の尿の量は きちんと計れていませんが
排尿の量もグッと少なくなっている状況です。

しかし、驚異の母は、
体温が微熱の時もありますが、平均的には正常を保ち
酸素濃度も、まずまずの値
血圧も高くなったり、低くなったりと 少し不安定ではありますが
心配するような状況にはなっていません。

たまにですが、目もぱっちりと開けてくれることもあり
問いかけに うなずいているような気もします。

大した、たまげた かぁちゃんです。

PR
皮下の点滴になってから
1ヶ月が過ぎました。

無事、私の娘(孫)の結婚式も終わり
海外へ行っている妹(次女)も明日 帰国します。

両足にむくみが出てきていますが
血圧、酸素濃度、熱は安定しています。

本当に、
頑張ってくれている母に感謝です。


少しずつ 少しずつ 意識レベルは下がっているように感じます。

目やにを拭いてあげるとき
すぐに 嫌な表情になっていた母ですが

いまは、されるがまま。。。

それでも、たまに目が開く時があります。
すぐさま 耳元で声をかけるのですが
反応は、ある時と ない時と

目が開いていても 目があいません。

皮下点滴から ほぼ3週間たちました。

血圧は 上が100前後
体温も 微熱があったり なかったり
酸素濃度は ほぼほぼ正常のようです。
むくみが、右足だけに少し 見られます。

右大腿骨骨頭骨折の影響なのでしょうか?

それでも、全体的には 安定していると言っていいですよね。

実は、娘の結婚式が沖縄であり
28日 午後から出発します。

妹たちも出席の予定でしたが
次女だけは こちらに残ってくれることになり
29・30日は、次女に託します。

私は、5月1日に帰宅の予定で
1日早く 帰る三女に 5月1日は三女にお願いしました。

次女は、5月2日から 海外旅行
三女は、連休中 仕事が忙しく

母には、5月8日まで 頑張ってもらわなくてはと思っている
わがままな娘 3姉妹でした。

「お母さん! 連休明けまで がんばって~」
バタバタと毎日が過ぎています。
母は、血管からの点滴が難しくなり
4月5日から 皮下点滴となりました。

今までの点滴の成分とは大分異なり
電解液のみの点滴です。

皮下点滴から10日
目を開ける事はほとんどなくなり
気持ち良さそうに 寝ています。

たまーに 
本当に たまーに 声に反応することがあります。
しかし、目を開ける事はありません。

最近、血圧がちょっとだけ 低めになってきました。
しかし、体温も血圧も正常です。
心臓も腎臓も丈夫な母の生命力は、はかりしれません。

皮下点滴になった時は、
覚悟を決めた私でしたが
簡単に裏切ってくれます。

今日も、よく寝ている母でした。


母の生命力はすばらしいです。

点滴が始まった時は 覚悟を決めていた私ですが
点滴が始まって2週間くらいたったころ妹(次女)が
「点滴だけで、2ヶ月くらい頑張れる人がいるらしいよ」
との情報聞いてきました。

1ヶ月過ぎたころ主人が
「同僚のお母さんは3ヵ月頑張ったって」

そうしたら 友達に聞いてきたと、妹(三女)が
「状態が良かったら、1年とか大丈夫らしいよ」

いろいろな情報が飛び交いますが、先生は
「明日かもしれないし、もっと後かもしれないし。お母さんしだいですね。」

母の体力はどんなものなのか さっぱり見当がつきません。

そんな中、施設長さん、施設の看護師さん、ケースワーカーさんと
今後について話し合いがありました。

いざという時の対応についてです。
私の希望として施設で最後を迎えさせたいとお願いし
施設側もそのように対応してくれることになりました。

今、母がいる施設は新しいので
このような状況は 母が初めてです。

病院ではないので、葬儀社とも前もって相談しておいた方がいいと言われ
先日、主人と一緒に相談に行ってきました。

このぐらいの祭壇がいいとか
何人ぐらい来るとか
とても、不謹慎な話をしてきたわけですが
生前に葬儀社の会員になっていれば 安く葬儀ができるとなり
主人の名前で 会員になりました。

亡くなる1日前でも、会員になっていれば 安くしてもらいえるそうです。

前金2ヶ月分を入金
○○円コース といくつか種類がありまして
3ヵ月後からは、月々引き落としになります。
葬儀になったら、その積み立てをひいた残金を払う形です。

いろいろ話を聞いて
次は、自分たちの分も積み立てた方がいいのかなぁ~
と、考える年齢であることを感じました。

話しはそれましたが
母は、まだまだ 頑張っています。
しかし、点滴が1000ml 入れられない日も増えてきているようで
ほぼ、目を閉じている時間が多くなりました。

今日、偶然にもパッチリと目を開けていたので
母にたくさん声をかけてみました。

昔の話に「うん」「うん」とうなずきます。
ちゃんと聞こえてるのか?
天気の話にも「うん」「うん」
私「私って、親不孝だよね」と言ったら
母「うん うん」
なんてこったい emoji
「私って、美人だよね」って言えばよかった emoji

PR

最新コメント

[08/24 ケセラセラ子]
[08/12 はしる]
[01/27 ケセラセラ子]
[01/26 トミー]
[01/14 ケセラセラ子]

最新記事

カウンター

ブログ内検索

バーコード

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 認知症の母と --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]