忍者ブログ

認知症の母と

認知症の母と生活していました。少しずつ変化していく母との介護を紹介&お知らせしていきたいと思っています。 2013年12月18日より 母はグループホームで生活が始まりました。しかし あまりにも印象が悪く、私の気持ちがザワザワ 落ち着きません。2014年 03月12日 別のグループホームへ移りました。とても、良くしてくれるグループホームでしたが、グループホームでの生活に限界がきてしまい。 2016年10月26日 有料老人ホームへ。 ここは看護師さんがいて 在宅医療もあり 安心です。

2019/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、施設長さんから電話があり
「母の今後について話し合いたい」と言われました。

土曜日で、主人もいたので
一緒に グループホームへ

食欲もあまりなくなり 食べることが難しくなっていること
傾眠状態が多いこと などなど
母の状態は そろそろターミナルの段階に来ていること
そして、これからの対応について

今までの他の入所さんの例では
ほとんどの方が 病気になり退所されるケースが多く
あるいは、早い段階で 別の施設に移るケースもあり
母のように、穏やかに少しずつ 生活水準が低下する場合の前例はないので相談となりました。

今のグループホームは看護師さんがいないので
最終見取りまでは難しくなります。

私も、そんな状態であることは承知していたので
いろいろと施設を探していたのですが
たまたま、いま入所している同じ系列の有料老人ホームで
私が住んでいる地域に今年の10月に出来たばかりの施設を見つけました。

そこへ移ることはできるのか 提案してみました。
その有料老人ホームは “みとり” までお世話をしてくれる施設です。
当然、看護師さんも常駐してくれています。

施設長さんから 有料老人ホームへ連絡を入れていただき
早速、その老人ホームへ見学に行ってきました。
新しいだけあって、とても清潔感のあります。

今までより、料金は高くなりますが
はやり、看護師さんがいてくれて
いざというときは、すぐに対処してもらえるので
私としては、とても安心です。

とりあえず、移ることを前提に
これから、手続きに入る予定です。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

PR

最新コメント

[08/24 ケセラセラ子]
[08/12 はしる]
[01/27 ケセラセラ子]
[01/26 トミー]
[01/14 ケセラセラ子]

最新記事

カウンター

ブログ内検索

バーコード

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 認知症の母と --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]