忍者ブログ

認知症の母と

認知症の母と生活していました。少しずつ変化していく母との介護を紹介&お知らせしていきたいと思っています。 2013年12月18日より 母はグループホームで生活が始まりました。しかし あまりにも印象が悪く、私の気持ちがザワザワ 落ち着きません。2014年 03月12日 別のグループホームへ移りました。とても、良くしてくれるグループホームでしたが、グループホームでの生活に限界がきてしまい。 2016年10月26日 有料老人ホームへ。 ここは看護師さんがいて 在宅医療もあり 安心です。

2019/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月24日
在宅クリニックの先生とお話をする日

ちょっと早めに孫2人(ひ孫)と主人と4人でホームへ行きました。
4歳になる孫が
 「○○ちゃん(私のこと)のおばあちゃんに会ったことがない。
  会いたいなぁ~」
そんなことを1年ほど前から言っていましたが
会わせてあげるタイミングがありませんでした。

ホームが家から近くなったこともあり
また、孫が風邪をひいていなかったので
孫たちを連れて 母のいるホームへ

最初は、目をつむっていた母ですが
小さな子どもの声が聞こえたのか
だんだんと 目をあけてくれて



急いで、一緒に写真を 
目をつむっているようですが
しっかりと 目を開けていまーす。

孫「ご飯を食べた後だから、眠いんだね」

小さい子供が好きな母
もっと早くに会わせてあげたかった・・・

  
スマホから音楽を聞かせています。
昔の曲を聞かせていたら
母の口が動きました。
孫たちが「歌った!」と喜んでいました。

そして、在宅クリニックの先生が見えたので
主人と孫は、さようなら



在宅クリニックの先生とのお話
母は、週に何回か水分・食事の摂取量が少ないときに
点滴をしてもらっています。
その点滴についてのお話です。

妹たちとも相談して
今まで通り、水分・食事の摂取量が少ないときにお願いしたいと思っていることを伝えましたが
先生の意見は
・母の点滴にはあまり意味がない
・すでに、母にとって点滴をすることは負担になっている
だそうです。

点滴をしなかったらどうなるのか聞いてみたら
・あとは、母の残っている体力しだい
と言われました。

それでも、「点滴はもういいです」とは言えず
「もう一度考えさせてください」と答えました。

あらためて、先生がいなくなってから
介護士さんや、ホームの看護師さんとも話をしてみました。

ホームの看護師さんが言うには
「在宅クリニックの先生もいろいろな意見があって
 先生の言うことがすべてではないです。」
「点滴をすると、顔の表情が違いますよ」

そうだよね。笑顔も見られるし、
少なくなってるけど水分も食事も取れてるし
やはり、今まで通り 点滴をお願いしたいなぁ~

1月、妹たちと会うので 話しあいましょう。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

PR

最新コメント

[08/24 ケセラセラ子]
[08/12 はしる]
[01/27 ケセラセラ子]
[01/26 トミー]
[01/14 ケセラセラ子]

最新記事

カウンター

ブログ内検索

バーコード

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 認知症の母と --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]